厚岸町水道事業経営戦略及び厚岸町公共下水道経営戦略

厚岸町水道事業経営戦略

 厚生労働省では、平成25年3月に水道を取り巻く環境の大きな変化に対応した新水道ビジョンを示しました。
 本町においては、給水収益の減少、老朽化した水道施設更新、基幹管路の耐震化対策など水道事業が抱える課題などについて、平成28年度の厚岸町水道事業経営審議会の答申や、厚岸町議会での水道料金の改定に係る条例改正への審議内容を踏まえ、新水道ビジョンが掲げる水道の理想像に向け、厚岸町水道事業経営戦略を策定しました。

厚岸町公共下水道経営戦略、厚岸町下水道中期ビジョン

 厚岸町の公共下水道は平成3年から順次整備してきました。
 近年では、下水道整備とともに施設の改築更新や非常時の対策について取組みが必要とされています。更には、少子高齢化や人口減少など社会情勢の変化に対応しながら、限られた資源の中で効率的な事業を行うため、平成27年度に計画期間を37年までとした下水道中期ビジョンを策定しました。この下水道中期ビジョンを基に、経営環境の現状と将来の見通しについて経営戦略として策定しました。
このページの情報に関するお問い合わせ先
水道課TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)