新型コロナウイルスのワクチン接種について

令和3年6月23日
 厚岸町では、新型コロナウイルスワクチン接種に向けて、町民の皆さんが安全かつ迅速に接種が受けられるように準備を進めているところです。
 接種時期やワクチンの供給について未確定な部分も多くありますが、詳細が決まりましたら、ホームページや新聞折り込み、広報等でお知らせしていきます。また国からの情報により変更する場合があることもご了承ください。

ワクチン接種の目的

 新型コロナウイルス感染症については、その流行及びその長期化により皆さまの生命・健康はもとより、社会経済にも極めて大きな被害を及ぼしています。新型コロナウイルスワクチンは、感染症の発症や重症者の発生をできる限り防ぎ、多くの人がワクチン接種をすることで、感染症の蔓延を防止することが期待されています。
※上記資料は、2021年4月現在、ファイザー社ワクチンについて記載されており、資料の改変はできません。
  • 発行/監修「長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム」

接種対象者

 厚岸町での新型コロナウイルスワクチン対象者は、接種を受ける日に住民票がある人です。なお、現在薬事承認されているファイザー社製のワクチンは接種日において12歳以上の人が対象になります。
※厚岸町に住所のある人は原則、厚岸町内で接種となります。仕事や学校、治療等のやむを得ない事情で住所地外にお住まいの人はご相談ください。

接種順位と接種時期

ワクチンの供給が順次行われていく見通しであることから、一定の接種順位を決めて接種を行っていきます。
接種順位内容時期
1 医療従事者等新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者、ワクチン接種会場の従事者など
令和3年
5月~
 
2 高齢者令和3年度中に65歳以上に達する人(昭和32年4月1日以前に生まれた人)
3 基礎疾患を有する人【令和3年度中に65歳に達しない人であって、以下の病気や状態の人で通院または入院している人】
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(脂肪肝や慢性肝炎は除く)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(鉄欠乏性貧血は除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・染色体異常
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
【基準(BMI30以上)を満たす肥満の人】
※ BMI = 体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)
※ BMI 30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg
令和3年
8月~
(予定)
4 高齢者施設等の従事者高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス等)において、利用者に直接接する職員
5 60~64歳の人ワクチンの供給量等を踏まえ、順次接種を行います
6 その他の人

接種券について

 高齢者の皆さん(令和3年度中に65歳以上である人)には、ワクチン接種のための接種券(クーポン券)と予診票を、令和3年4月14日に郵送しました。接種券(クーポン券)は、接種の際に必要ですので、シールははがさずに、そのまま接種当日まで大切にお持ちください。
 昭和32年4月1日以前に生まれた人で、接種券(クーポン券)が届いていない人は、新型コロナウイルスワクチン接種対策室までお問い合わせください。
 64歳以下の人の接種券(クーポン券)の発送についても今後の情勢により段階的に開始する予定です。今しばらくお待ちください。

接種の手順

次の手順で接種を受けることができます。
  1. 接種の時期より前に町から「接種券」「予診票」「案内文」が届きます
  2. 接種券は1通につき1人分ですので、接種券の対象者をご確認ください
  3. 接種を受けることができる医療機関や接種会場、日時を確認してください
  4. 接種の予約をしてください(詳しい予約受付期間や時間等は町から届く「案内文」をご覧ください)
  5. 予約した日時に接種会場や医療機関で接種を受けます

【予約に関して】
  • 家族が代理で予約することができます。近所の人、友人の分は申し込みできません。(家族がおらず、近所の人や友人が協力しないと困難な場合は御相談ください。)
  • 定員になり次第締め切らせていただきます。
  • 電話がつながりにくい、及び窓口の混雑が予想されます。ご了承ください。

※接種会場(病院)に来ることが難しい人は、医師の往診による接種を予定しています。希望する人は、新型コロナウイルスワクチン接種対策室までご相談ください。

集団接種(高齢者)

接種会場
  • <受付時間>
    9:00~17:00(土日・祝日を除く)
保健福祉総合センターあみか【電話】
保健福祉総合センターあみか内
新型コロナウイルスワクチン対策室
0153-53-3340(かけ間違いにご注意ください)
【窓口】
保健福祉総合センターあみか内特設窓口
社会福祉センター
太田活性化施設らくとぴあ
若松地区集会所
上尾幌コミュニティセンター
尾幌酪農ふれあい館

個別接種

接種会場予約先
町立厚岸病院0153-52-3145
田中医院0153-52-7155

接種当日に必要なもの

  • 町から届く接種券(クーポン券)と予診票
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、介護被保険者証、マイナンバーカードなど、いずれか1つ)
  • 普段飲んでいるお薬がわかるもの(お薬手帳など)
※既にワクチンを接種した医療従事者等の人にも町から接種券が郵送されますが、破棄してください

接種費用について

接種費用は無料です

ワクチンの種類について

現在薬事承認されているワクチンは1種類ですが、今後他のワクチンの承認も見込まれています。1回目と2回目は同じワクチンを接種する必要があります。
製薬会社ワクチンの種類接種回数接種間隔薬事承認状況
ファイザー社mRNAワクチン2回21日間
アストラゼネカ社ウイルスベクターワクチン2回28日間
武田/モデルナ社mRNAワクチン2回28日間

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。希望する人に接種が行われます。
 接種を受ける人には、ワクチンにより感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただくことになります。
 現在、病気で治療中の人や体調に不安のある人は、かかりつけ医等とご相談の上、ワクチン接種を受けるべきか判断してください。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

 新型コロナワクチン接種後に、接種部位の痛みや頭痛、倦怠感(けんたいかん)、筋肉痛などが見られたことが論文等で発表されています。一般的にワクチン接種の健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)は極めて稀であるものの避けることはできません。
 国では新型コロナワクチンの副反応に関しても予防接種法に制度を設けています。詳細は下記の厚生労働省ホームページを確認ください。

ワクチンに関する詐欺に注意!

 全国的に、保健所や市町村職員を名乗って「接種を受けるには、予約金の振り込みが必要」などと、金銭を要求する電話が確認されているようです。
 行政機関が新型コロナウイルスワクチン接種に関して金銭を要求することは絶対にありません。
 万が一お金を振り込んでしまった場合や、判断に迷った場合はすぐに厚岸警察署(0153-52-0110)までご相談ください。
新型コロナウイルスのワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、首相官邸ワクチン特設ページをご覧ください。
新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒088-1119 北海道厚岸郡厚岸町住の江1丁目2番地
(厚岸町保健福祉総合センターあみか21内)
【電話番号】0153-53-3340(かけ間違いにご注意ください)
【受付時間】午前9時~午後5時(土日・祝日を除く)
このページの情報に関するお問い合わせ先
保健福祉課 健康推進係TEL:0153-53-3333FAX:0153-53-3077