住所地外接種について

2021年11月4日
 新型コロナワクチンは原則、住民票がある市町村で接種しますが、やむを得ない事情がある場合は、事前に申請を行うことにより住所地外で接種することができます。

やむを得ない事情の例

  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 出産等のために里帰りしている妊産婦
  • 入院、入所している人
  • 基礎疾患等で治療中の医療機関で接種を受ける人
  • ドメスティックバイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれに準ずる行為の被害者
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している人

申請方法

厚岸町民が他市町村で接種を希望する場合
  • 接種を希望する会場のある市町村に事前に申請が必要です。
  • 申請方法や提出書類、ワクチン接種の予約方法は、各市町村によって異なりますので、接種を希望する会場のある市町村へお問合せください。
  • 接種時には厚岸町が発行した接種券が必要となりますので、紛失した場合はあみか内ワクチン対策室(0153-53-3340)にお問合せください。
他市町村の住民が厚岸町で接種を希望する場合
  • 保健福祉総合センターあみか21窓口で申請が必要です。
  • 申請後に詳しい接種日時や予約方法についてご案内します。
※時期によっては、接種会場や日時を縮小しておりご希望の日程とならない場合があります。
申請に必要なもの
・住所地が発行した接種券
・住所地外接種届(窓口にもあります)
新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒088-1119 北海道厚岸郡厚岸町住の江1丁目2番地
(厚岸町保健福祉総合センターあみか21内 町立厚岸病院となり)
電話番号:0153-53-3340(かけ間違いにご注意ください)