お子さんの健康のために

乳幼児の健康診査

 生後3カ月から11カ月の間に医療機関で健康診査を2回受けられます。生後2カ月になったら母子健康手帳を持参して、「乳児一般健康診査受診票」の交付を受けてください。

新生児聴覚検査

赤ちゃんが生まれたときに医療機関で実施する新生児聴覚検査の費用を助成します。
申請には、領収書・診療明細書・母子健康手帳が必要です。(平成31年4月1日以降に生まれた赤ちゃんが対象になります)

あかちゃん相談

 生後4カ月と7カ月の赤ちゃんを対象に、身体の測定、離乳食のアドバイス、育児の相談を毎月行っています。

1歳6ヶ月健康診査

 1歳6カ月から2歳未満のお子さんを対象に、年4回、医師による内科検診、歯科検診、身体の測定、栄養・保健相談を行っています。

3歳児健康診査

 幼児期の精神、身体の発育において3歳は大切な時期です。年4回、医師による内科検診、歯科検診および身体の測定、保健・栄養相談を行っています。 

フッ素塗布

 虫歯予防のため、満1歳から3歳までの誕生月の末日までに4回受けられます。
 1歳になる月に受診券を郵送しますので、期間が終わるまで大切に保管してください。

予防接種

 予防接種法に基づく予防接種として、次の予防接種を行っています。
 いずれも対象となる方は、町内の医療機関において無料で接種することができます。
 対象となるお子さんの保護者には、個別に郵送で案内しますので、予防接種の効果や副作用などをよく理解したうえで接種を受けてください。
種類対象者
4種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオ)生後3カ月~7歳6カ月未満 
不活性ポリオワクチン生後3カ月~7歳6カ月未満
ヒブ感染症ワクチン生後2カ月~5歳未満
小児肺炎球菌ワクチン生後2カ月~5歳未満
BCGワクチン1歳未満
B型肝炎ワクチン
※母子感染予防として、出生後にB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがある場合は対象外となります。詳しくはお問い合わせください。
1歳未満
(ただし、平成28年4月1日以後に生まれた児に限る)
麻しん風しん混合(第1期)1歳~2歳未満
麻しん風しん混合(第2期)小学校就学前の1年間
水痘(水ぼうそう)ワクチン1歳~3歳未満
日本脳炎
・接種対象は、3~7歳6ヵ月未満、9~20歳未満の人
・接種方法は、生年月日や過去の接種歴で異なるため、詳しくはお問い合わせください。
1期:3~7歳6ヵ月未満
2期:9~13歳未満
2種混合(ジフテリア、破傷風)11歳~13歳未満
子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウィルス感染症予防ワクチン)中学1年生~高校1年生相当の女子

町外で上記の予防接種を受ける場合について

 町外に一時的に滞在している間に上記の予防接種を受けるとき、または町外の医療機関で予防接種を受けることを主治医に指示されているときは、予防接種の費用を一度、医療機関に全額支払っていただきますが、後日、町からその全額をお返しします。町外での予防接種を希望する方は、事前に厚岸町保健福祉課健康推進係に申請してください。
申請に必要な書類
【予防接種を受ける前】
  • 母子健康手帳
  • 厚岸町定期予防接種依頼書交付申請書(用紙は健康推進係の窓口にあります。こちらからもダウンロードできます)
【予防接種を受けた後】
  • 予防接種を受けた時の領収書
  • 母子健康手帳もしくは予防接種済証
  • 厚岸町定期予防接種費用請求書(用紙は健康推進係の窓口にあります。こちらからもダウンロードできます)

子宮頸がん予防ワクチンについて

 現在、子宮頸がん予防ワクチンは実施していますが、積極的におすすめしていません。接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。詳しくは問い合わせ願います。

予防接種後健康被害救済制度について

 予防接種は、感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。万が一、定期の予防接種による健康被害が発生した場合には、医療費や医療手当などの支給を受けるための救済制度があります。詳しくは健康推進係へお問い合わせください。

子どものインフルエンザ予防接種費用助成事業について

 子どものインフルエンザ予防接種の費用助成をしています。 対象の年齢の方が町内外の医療機関で予防接種を受けた場合、接種後に必要書類を用意し申請をしていただくことで助成を受けることができます。
対象者
町内に住所を有する生後6月から18歳(高校3年生相当)の方
対象接種
平成31年4月1日から令和2年3月31日までに受けた季節性インフルエンザ予防接種
接種医療機関
町内外の医療機関
助成回数
同一年度において、1人1回
※ただし13歳未満の子と、医師の指示に基づき2回接種が必要な場合は、同一年度において2回を限度として費用助成を行います。
助成額
予防接種に要した費用から、1回につき1,100円を差し引いた額
※生活保護世帯は全額費用を助成します。
申請方法
【予防接種を受けた後に申請】
医療機関で予防接種を受けた後に、申請に必要な書類を用意いただき申請手続きを行います。後日銀行口座へ振込みます。
申請期間
令和2年3月31日まで
申請に必要なもの
  • 予防接種を受けた時の領収書
  • 母子手帳もしくは診療明細書など受けたことを証する書類
  • 口座振込み先となる通帳
申請窓口
健康推進係(保健福祉総合センター)
申請できる人
本人または保護者
このページの情報に関するお問い合わせ先
保健福祉課 健康推進係TEL:0153-53-3333FAX:0153-53-3077