嘱託調理員を募集します

募集情報

 厚岸町では、学校給食センターで勤務する嘱託職員(調理員)を次のとおり募集します。
1 応募資格
(1) 昭和53年4月2日以降に生まれた人(満40歳以下の者)
(2) 調理師法に基づく調理師の免許を有する人
(3) 普通自動車運転免許を有する人
2 応募できない人
 次のいずれかに該当する人は、応募することができません。
(1) 日本国籍を有しない人
(2) 地方公務員法第16条の各号
 ア 成年被後見人又は被保佐人
 イ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
 ウ 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
 エ 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて、地方公務員法第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた人
 オ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人
3 任用試験
(1) 日時 平成30年8月中旬~下旬(日時は受験者へ別途通知)
(2) 会場 厚岸町役場
(3) 内容 面接試験
4 応募手続及び受付期間
 次の書類を平成30年8月3日(金)までに厚岸町役場総務課に提出してください。
 なお、郵送の場合は、同日までの消印のあるものは有効とします。
(1) 自筆で所定事項を記入し、最近6か月以内に帽子をつけない上半身を写した写真を貼った履歴書(公正採用選考の観点から、JIS規格の様式例に基づいた履歴書を使用してください。)
(2) 調理師免許証の写し
(3) 普通自動車運転免許を証明する書類(免許証の写しなど)
(4) 最終学歴の卒業(見込)証明書
(5) 公的病院発行の健康診断書(最低限必要な項目は、身長・体重・視力・血圧・色覚(色神)・胸部X線検査・肝機能検査・糖尿病検査・尿一般検査・血液一般検査)
5 勤務箇所、職務内容及び任用予定数
勤務箇所職務内容任用予定数
厚岸町学校給食センター学校給食調理業務1人
6 合格発表
 試験実施後、速やかに受験者全員に郵送により合否を通知します。
7 任用予定日
 任用は、平成30年10月1日からを予定しています。
8 勤務条件等
(1) 身分
 身分は、厚岸町定数外職員取扱規則に規定する嘱託職員になります。
 ※「嘱託職員」とは、定数外職員のうち、当該職が恒常的なもので、その勤務態様が定数内職員とほぼ同様な事務若しくは単純労務又は技能等の職であり、かつ、当該職に1年以上継続して雇用される者をいいます。
(2) 勤務時間
 午前8時15分から午後5時00分までの7時間45分(休憩時間1時間)です。
(3) 休日
 ア 週休日(日曜日及び土曜日)
 イ 国民の祝日
 ウ 年末年始の休日(1月2日から5日まで及び12月31日)
(4) 年次休暇
 平成30年度は10日、平成31年度からは毎年度20日の年次有給休暇があります。
(5) 特別休暇
 夏季、忌引、結婚、育児、子の看護など各種特別休暇があります。
(6) 休業制度
 育児休業制度があります。
(7) 給与
 ア 給料
  「職員の給与に関する条例」等に基づき支給します。
  (ア) 給料は、年齢、学歴、職歴などを換算して決定します。
  (イ) 年1回の定期昇給があります。
 イ 手当
  (ア) 期末手当・勤勉手当(6月、12月)、寒冷地手当が支給されます。
  (イ) 条件に応じ、通勤手当、扶養手当、住居手当などが支給されます。
(8) 退職手当等
 1年目は雇用保険に加入、2年目からは北海道市町村職員退職手当組合に加入
9 福利厚生等
(1) 健康保険
 1年目は社会保険に加入、2年目からは北海道市町村職員共済組合に加入
(2) 各種事業
 北海道市町村職員共済組合に加入できる2年目からは、北海道市町村職員福祉協会の福利厚生事業、貸付事業、医療給付事業などが利用できます。
10 公務災害補償
 公務上の災害について、1年目は労働者災害補償保険法の規定による補償を、2年目から は地方公務員災害補償法の規定による補償を受けることになります。
11 その他
 応募後にこの任用試験を受験しないこととした場合又はこの任用試験へのお問い合わせについては、下記に連絡してください。

【この試験についてのお問い合わせ・応募先】
 厚岸町役場総務課職員係 電話0153-52-3131(内線220、221、222)
  〒088-1192  北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1番地
このページの情報に関するお問い合わせ先
総務課 職員係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)