○厚岸町野犬掃とうに係る事務処理要領

平成12年3月27日

訓令第19号

第1 趣旨

この要領は、野犬掃とうに係る事務取扱に関しその基本的事項を定め、野犬掃とう事務の適正な管理を図るために必要な事項を定めるものとする。

第2 用語の定義

この要領において使用する次の用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 政令 狂犬病予防法施行令(昭和28年政令第236号)

(2) 省令 狂犬病予防法施行規則(昭和25年厚生省令第52号)

(4) 動管法 動物の保護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)

第3 野犬掃とうの方法

野犬掃とうは、公共の安全と社会への影響に配慮し、次のいずれかの方法によるものとする。

1 捕獲用檻で捕獲し、注射を用いて薬殺するものとする。

2 捕獲用檻で捕獲できない場合は、麻酔銃を使用することができる。

3 1及び2の方法によることができない場合は、薬品を含ませた餌を使用することができる。この場合、政令第7条各項及び第8条並びに省令第17条の規定を遵守するものとする。

第4 虐待行為の禁止

野犬掃とうに当たっては、残虐な行為をしてはならない。

第5 掃とう後の処理

掃とうした犬の処理は、シート等を掛けて人目に触れないように運搬し、廃棄物として焼却処理するものとする。

第6 警察署への協力依頼

麻酔銃を使用して掃とうしようとする場合又はその近くに交通量の多い道路がある場合は、警察署に交通規制等の協力を依頼して安全対策を講じて実施するものとする。

第7 不要犬の処理方法

飼育者から不要犬として引取りを求められた畜犬の処理は、次の各号に定めるところによる。

(1) 条例第7条の規定により殺処分命令に該当する場合は、基本的に飼育者の責任において処分させるものとする。

(2) 前号において、飼育者の責任において処分できない事情があるときは、野犬掃とう員が処分するものとする。

(3) 当該畜犬が第1号に該当しない場合の処理は、動管法の定める規定に基づき飼育者を指導するものとし、飼育者が北海道の指定する場所に引き取らせることができない事情があるときは、飼育者から北海道に所要の連絡をさせたうえで飼育者にそのまま飼育させ、新しい飼育者が現れない場合に野犬掃とう員が処分できるものとする。

第8 麻酔銃及び薬品等の管理

麻酔銃及び薬品等の管理は、事務を掌握する課長を責任者とし、次の各号に定める方法による。

(1) 麻酔銃及び麻酔銃に使用する火薬等並びに麻酔薬は、施錠できる保管庫で管理しなければならない。

(2) 火薬及び麻酔薬の管理は、別記第1号様式によりその出し入れを明らかにしておかなければならない。

第9 野犬掃とうの報告

野犬掃とうを終わったときは、その都度別記第2号様式によりその状況を町長に報告しなければならない。

附 則

1 この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

2 畜犬取締及び野犬掃とう条例施行規定(昭和34年厚岸町訓令第8号)は、廃止する。

画像

画像

厚岸町野犬掃とうに係る事務処理要領

平成12年3月27日 訓令第19号

(平成12年3月27日施行)

体系情報
第7類 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成12年3月27日 訓令第19号