ふるさと納税ワンストップ特例制度

 平成27年4月1日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
 この制度は、確定申告の不要な給与所得者などがふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けることができる制度です。
 この制度を利用できる方は、次の2つの要件に該当する方のみとなります。
 
  • 給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方(※)
  • 1年間の寄附先が5団体以下の方
(1つの自治体に複数寄附しても1カウントとなります。)

※給与所得者の方でも、所得が年間2,000万円を超える方や、医療費控除などの各種控除のために確定申告が必要な方は対象外となります。

申請手続について

 上記2つの要件に該当し、制度の利用を希望される方は、ふるさと納税申出書提出時にワンストップ特例制度申請書を提出してください。

添付書類

 平成28年1月1日からマイナンバー制度の導入により、ワンストップ特例申請書に個人番号の記載が必要となりました。これに伴い、なりすまし防止のため番号確認と本人確認の2つの確認が必要となることから、申請書の提出と併せて次の書類を提出してください。

・「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピー(※)

※マイナンバーカードを持っている場合
  →「マイナンバーカードの裏表のコピー」
 通知カードを持っている場合
  →「通知カードのコピー」と「身分証のコピー」
 マイナンバーカードも通知カードもない場合
  →「個人番号が記載された住民票の写し」と「身分証のコピー」

確認書類については以下の表を参考にしてください。
 「マイナンバーカード」を持っている人「通知カード」を持っている人「マイナンバーカード」「通知カード」の
どちらも無い人
マイナンバー確認の書類   マイナンバーカードの裏のコピー  通知カードのコピーマイナンバーが記載された住民票の写し  
本人確認の書類マイナンバーカードの表のコピー下記いずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・運転履歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。
下記いずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・運転履歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。
※その他の番号確認・本人確認については総務省のWEBサイト(外部サイト)をご覧ください。

申請した内容に変更が生じた場合

 申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、ふるさと納税を行った翌年の1月10日までに以下の変更届出書を提出してください。
 また、申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えたなど、ワンストップ特例制度の適用要件に該当しなくなった場合は、申請が無かったものとみなされます。
 この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

申請の完了について

 申請書(変更届出書)の提出とふるさと納税の入金を確認した後、厚岸町から申請書受付書を送付いたします。
 申請書受付書は制度申請完了の証明となりますので、大切に保管してください。

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の仕組み図

このページの情報に関するお問い合わせ先
総務課 総務係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)