厚岸夏まつり

厚岸夏まつり
 『厚岸夏まつり』は、創建200年を超える厚岸神社と、創建130年を超える真龍神社の例大祭が始まりといわれています。町内にある国泰寺の日誌である日鑑記には、文化13年(1816年)の正月に獅子舞が行われたと記述されています。
 獅子舞が現在のようになったのは明治時代です。獅子の頭を口で固定し、御幣と鈴を持つ前足役と胴と尻尾の後足役の二人獅子が、笛と太鼓の馬鹿ばやしに合わせ、おかめとひょっとこに導かれるスタイルです。当初は一部地域だけで行われていましたが、昭和40年代のニシンの大漁を契機に町内全域に広まり、平成5年、厚岸夏まつりとして、漁期の始めの7月上旬に開催されるようになりました。

厚岸夏まつり 詳細

期間平成30年7月上旬
会場厚岸町内
交通機関JR花咲線厚岸駅下車
(釧路駅から所要時間約50分)
問い合わせ厚岸夏まつり実行委員会
電話番号:0153-52-4490
このページの情報に関するお問い合わせ先
厚岸町役場TEL:0153-52-3131FAX:0153-52-3138