国泰寺とバラサン岬

国泰寺とバラサン岬
 道東随一の古刹国泰寺は、バラサン岬に抱かれるように建立されています。国泰寺が古来、桜の名所として有名なのも、バラサン岬が激しい北海の波風から国泰寺を守っていたためかもしれません。
 バラサンとは、アイヌ語で『広い柵』という意味や、『野獣を捕る平落としという罠』のことでもあると言われています。この岬の岩層が平落としに似ていたため、厚岸の部落には魔物が近寄らなかったとの伝説もあります。
 バラサン岬へは、国泰寺の境内から登ります。岬からの眺望も優れていますが、道が荒れているので注意が必要です。
 国泰寺は、江戸時代後期にロシアの南下や場所請負人制度の弊害など北辺の危機が叫ばれる中で、箱館奉行の願い出により文化元年(1804年)に設置が決定された、蝦夷三官寺の一つです。
 現存する建物は、ほとんどが後代に改修されていますが、境内は江戸時代のたたずまいを伝えており、蝦夷地における特異な歴史的役割を果たした重要な寺として、裏手の愛冠を含む13万平米が国の史跡に指定されています。

地図

このページの情報に関するお問い合わせ先
まちづくり推進課 観光係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)
厚岸観光協会(役場内)TEL:0153-52-3131