医師紹介

平成30年4月1日現在の医師体制

院長(小児科)佐々木 暢彦
副院長(外科)竹山 茂
副院長(内科)江本 従道
医 師(内科)村尾 公太郎

院長

<小児科> 
佐々木 暢彦
(ささき のぶひこ)

<佐々木院長から>
 常勤医4名の体制で診療を行います。
 この地域で求められている医療を提供できるよう、職員一同がんばっています。
経歴
昭和55年3月
  • ・自治医科大学卒業
    ・自治医科大学卒業旭川医科大学で多科ローテートの初期研修を2年行う
平成  4年4月・自治医科大学小児科講師
平成15年4月・札幌医科大学地域医療総合医学講座助講師
平成17年1月・札幌医科大学地域医療総合医学講座助教授
平成18年4月・町立厚岸病院院長
資格等
医学博士、小児科専門医、プライマリ・ケア認定医

副院長

<外科>
竹山 茂
(たけやま しげる)

<竹山副院長から>
 20数年前、観光で北海道を訪れた際、目的地に向かう途中、たまたま立ち寄った厚岸町がなぜかいつまでも印象に残っており、その地に将来赴任することになろうとは思ってもいませんでした。
 私は60歳まで、がん診療拠点病院に勤務しており、消化器がんの手術治療中心の診療を行ってまいりました。これまでの医療が患者さんと共に「戦う医療」だったとするならば、これからは患者さんに優しい「寄り添う医療」を心がけて行きたいと思っています。
 大好きな道東の生活を楽しみながらこれまでの経験を生かし、町民のみなさんに少しでもお役に立てればと思っていますのでよろしくお願いいたします。
 
経歴
昭和50年 3月
  • ・金沢大学医学部卒業
昭和50年 6月・金沢大学医学部附属病院
昭和54年 4月・金沢大学医学部がん研究附属病院
昭和62年 4月・黒部市民病院 外科医長
平成16年 4月・黒部市民病院 副院長 
平成23年 4月・市立根室病院 副院長
平成26年10月・町立厚岸病院 副院長
資格等
  • 医学博士
  • 日本外科学会 認定医、専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会 認定医、指導医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会 認定医、専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 認定医、専門医

副院長

<内科>
江本 従道
(えもと よりと)

<江本副院長から>
 皆さんが外来で診療を受けている間にも2階では透析を受けている患者さん、3階には入院治療を受けている患者さんが大勢おられます。私たち医師はすべて の患者さんを同時掛け持ちで診ています。急に電話が鳴って外来が中断することは珍しくありませんし、時には救急車も来ます。それでも少しでも皆さんの予約 時間が遅れないように精一杯頑張っていますので、これからも引き続きご理解とご協力をお願いいたします。
経歴
平成 2年 3月
  • ・金沢大学医学部卒業
平成17年 4月・富山赤十字病院循環器内科副部長
平成18年 1月・札幌医科大学附属病院総合診療科診療医
平成18年 4月・札幌医科大学医学部地域医療総合医学講座助手
平成19年 4月・町立厚岸病院内科医長
平成24年 4月・町立厚岸病院副院長
資格等
医学博士、産業医

医師

<内科>
村尾 公太郎(むらお こうたろう)

 <村尾医師から>
 厚岸の皆さま初めまして。この度町立厚岸病院に赴任いたしました村尾公太郎と申します。佐々木院長や前任の安藤医師と同じく、栃木にあります自治医科大学の出身です。
 この度は内科医師として、高血圧や糖尿病などをはじめ、様々な病気の治療についてお手伝いできるようにしてまいります。特に昨年度まで釧路市立病院で呼吸器疾患を専門としておりましたので、肺気腫や喘息などで相談・疑問のある方は遠慮なくお伝えください。
 昨年度釧路におりましたが、それまでは道東にはあまり縁がありませんでした。
 この度町立厚岸病院に赴任させていただき、これからの生活が楽しみです。この土地の風土や人々のつながりを大事にしながら、厚岸の良いところを自身でも堪能しながら診療させていただきます。
 病気に関連した日常の不安などもあれば遠慮なくご相談ください。どうぞよろしくお願いします。
経歴
平成27年3月・自治医科大学卒業
平成27年4月・札幌医科大学附属病院 (初期研修医)
平成28年4月・江別市立病院 (初期研修医)
平成29年4月・市立釧路総合病院 呼吸器内科
平成30年4月・町立厚岸病院 内科
このページの情報に関するお問い合わせ先
町立厚岸病院TEL:0153-52-3145