町立厚岸病院改革プラン

町立厚岸病院新公立病院改革プラン(新公立病院改革プラン)公表

 総務省は、平成27年3月31日付けで「新公立病院改革ガイドライン」を示し、各公立病院における持続可能な病院の役割の明確化と経営改善の取組の継続を進め、「地域医療構想を踏まえた」新たな公立病院改革の策定を要請しました。

 町立厚岸病院においては、これまでの改革の継続性を保持しつつ、救急医療の確保、小児、保健、予防医療などの不採算医療を継続するための医師確保対策を最重要課題として取組を進めながら、厚岸町総合計画で進める「やさしさあふれ健やかに暮らせるまちづくり」の実現を目指し、未来を支える地域医療の継続のため、新公立病院改革プランを策定しましたので、公表します。

町立厚岸病院改革プラン(公立病院改革プラン)改訂版

 平成19年12月に総務省(国)から、『公立病院改革ガイドライン』が示され、病院事業を設置する地方公共団体は『公立病院改革プラン』を策定して、病院の経営改革を総合的に取り組むよう求められ、町立厚岸病院では『町立厚岸病院改革プラン』を平成21年3月に策定・公開し2ヶ年が経過しました。

 その間、平成21年度、平成22年度と点検・評価を行いましたが、数値目標の達成は十分ではありませんでした。ガイドラインでは経営指標に係る数値の達成目標が著しく困難となった場合には、病院改革プランの見直しを行うよう示されています。

 このことから、改訂病院改革プランでは、当初計画に基づき取り組んできた経営効率化のこれまでの進捗状況を把握し、評価した内容と現状の医療情勢を踏まえた上で現行病院改革プランに必要な見直しを加え、町立厚岸病院運営委員会での審議を経ましたので、改訂版として掲載しました。

 今後、このプランに基づき町立病院の改革を一層推進していきます。

町立厚岸病院改革プラン(公立病院改革プラン)公表

 近年、多くの公立病院において、経営状況が悪化するとともに、医師不足に伴い診療体制の縮小を余儀なくされるなど、その経営環境や医療提供体制の維持が極めて厳しい状況になっています。

 こうした状況を踏まえ、公立病院が今後とも地域において必要な医療を安定的かつ継続的に提供していくためには、多くの公立病院において、改革の実施が避けて通れない課題であるとして、平成19年12月に総務省(国)から、平成20年度中に「公立病院改革プラン」を策定して、病院の経営改革を総合的に取り組むよう求められました。

 町立厚岸病院では、平成19年2月に「病院事業新経営改革」を策定し、病院の経営健全化に向けて各種の施策を推進しているところでありますが、改革プランは、この新経営改革を元計画とする中で、外部有識者で組織する委員会で審議を重ね、「公立病院として今後果たすべき役割」や「経営効率化に係る計画」などを明らかにした、「町立厚岸病院改革プラン」を策定しました。
このページの情報に関するお問い合わせ先
町立厚岸病院TEL:0153-52-3145