特定防衛施設周辺整備調整交付金による事業

特定防衛施設周辺整備調整交付金とは

特定防衛施設と特定防衛施設関連市町村

 「防衛施設の生活環境の整備等に関する法律」第9条の規定で、砲撃が実施される演習場などの設置または運用が、その周辺地域の生活環境や周辺地域の開発に及ぼす影響などを考慮し、当該周辺地域を管轄する市町村がその区域内で行う公共施設の整備や生活環境の改善、開発の円滑な実施に寄与する事業について特に配慮する必要があると認められる防衛施設を「特定防衛施設」、当該市町村を「特定防衛施設関連市町村」として防衛大臣が指定することができるとされています。
 さらに、特定防衛施設関連市町村が行う公共施設の整備や生活環境の改善、開発の円滑な実施に寄与する事業の費用として、特定防衛施設の面積、運用の態様などを考慮して、予算の範囲内で特定防衛施設周辺整備調整交付金を交付することができるとされています。
 矢臼別演習場が「特定防衛施設」に、周辺地域の一つである厚岸町が「特定防衛施設関連市町村」に指定されており、特定防衛施設周辺整備調整交付金の交付を受け、交付の目的による事業を実施しています。

交付金事業の計画と実績

防衛施設周辺整備調整交付金を受けて実施した(実施予定の)事業です。

事業評価について

 交付金事業についての事業評価書を作成し、北海道防衛局に報告しています。内容は、北海道防衛局のホームページで公表されています。

特定防衛施設周辺整備調整交付金 基金事業

・特定防衛施設周辺整備調整交付金を活用する事業のうち、継続して取り組む必要のある事業は基金へ積み立てし、取り崩しながら実施します。
・特定防衛施設周辺整備調整交付金要綱(防衛省訓令第92号平成19年8月25日)第11条第10号により、下記のとおり公表します。

矢臼別演習場関連特定事業(教育、スポーツおよび文化に関する事業:学校給食無償化事業)

事業の目的
児童生徒への安心した給食の提供と、保護者の経済的負担の軽減を図り、安心した子育てができる環境を整備する
事業の内容
学校給食の無償化
事業の始期および終期
平成31年3月から令和6年3月まで
事業に要する経費の予定総額
109,171,986円(平成31年3月31日現在)
交付金の予定額
64,100,000円(平成31年3月31日現在)
このページの情報に関するお問い合わせ先
総合政策課 財政係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)