犬の登録と狂犬病予防注射

犬の登録について

  • 狂犬病予防法に基づき、生後91日以上の飼い犬は登録しなければなりません。環境衛生係にて手続きをしてください。
  • 登録は犬の一生に一度で、登録料は1頭「3,000円」です。
  • 登録を済ますと「犬鑑札」と「門標」が交付されます。犬鑑札は、首輪に直接付けるか、市販のホルダー等に入れて必ず首輪に付けてください。門標は犬を飼っていることがわかるように玄関などに貼ってください。
  • 飼い主の生活介助に供用する目的で飼育されており、かつ、盲導犬の登録をしているときは、犬の登録手数料の減免を受けることができますので、事前に環境衛生係へご相談ください。
  • 鑑札を紛失した場合には、再交付の手続きを行ってください。
 (手数料:1件につき1,600円)
様式ダウンロード

住所や飼い主の変更があった場合

 住所や飼い主の変更があった場合には、忘れずに「犬の登録事項変更届」を提出してください。提出がない場合、登録は旧住所や旧飼い主のままですので、狂犬病予防集合注射の案内等の郵便物が届かないことがあります。
  • 登録済みの犬について、名前や住所、電話番号等に変更があったときや、飼い主が変わったときは届け出が必要です。環境衛生係で手続きをしてください。
  • 町内から町外へ転出する場合、厚岸町での手続きは必要ありません。厚岸町で交付された犬の鑑札を持って、新住所地の市町村へ届け出てください。
  • 町外から町内へ転入した場合、旧住所地の市町村で交付された犬の鑑札を持って、環境衛生係へ届け出てください。厚岸町の犬の鑑札と交換(無料)いたします。
様式ダウンロード

飼い犬の死亡等による登録抹消について

  • 飼い犬が死亡した場合には、忘れずに「死亡届」の手続きをしてください。死亡届を提出することで登録が抹消されます。なお、既に交付済みの鑑札は、死亡届と一緒に返却してください。
様式ダウンロード
  • 飼い犬の所在不明または海外移動により犬の登録を消除する場合には、届け出が必要です。
様式ダウンロード

狂犬病予防注射は必ず受けてください!

  • 狂犬病予防法に基づき、生後91日以上の飼い犬は、毎年一回狂犬病予防注射を受けなければなりません。注射を受けた後は、環境衛生係で注射済票の交付(料金550円)を必ず受けてください。
  • 狂犬病予防注射は、動物病院または町が実施する集合注射で受けてください。動物病院で狂犬病予防注射を受けた場合は、注射済票が交付されませんので、環境衛生係窓口までお越しください。なお、具合の悪い犬などで集合注射期間中に接種できない場合は、獣医師と相談してください。
  • 町が実施する集合注射は、毎年6月上旬に町内を巡回して実施していますので、広報誌等でご確認ください。
  • 集合注射は、毎年5月中旬から下旬にかけて、犬の登録をしている飼い主にご案内しています。ご案内が届かない場合は、環境衛生係へお問い合わせください。
  • 狂犬病予防注射は、1頭ごとに料金が必要です。
  • 飼い主の生活介助に供用する目的で飼育されており、かつ、盲導犬等の登録をしているときは、注射済票交付の手数料の減免を受けることができますので、事前に環境衛生係へご相談ください。
※狂犬病集合注射での注意事項
  • 犬をおさえることができる人が綱を持ち、会場に来てください。
  • 人をかむ恐れがある犬には、口輪をしてください。
  • 料金のお支払いの際には、おつりが出ないようご協力願います。
  • 早く会場に来ていただいても、注射の準備が完了するまでお待ちいただくことがあります。
  • 都合により集合場所で接種することができない場合は、事前に環境衛生係までご相談ください。

愛犬の飼い主のみなさんへ

  • 一部の飼い主のマナーに欠けた行為が原因で、町には、犬のフン、綱(リード)を放して散歩、鳴き声、悪臭などについての苦情が、季節を問わず寄せられています。「誰も見ていないから」とか「面倒くさい」などの思いは通用しません。ご近所や子どもたちに迷惑がかからないようルールを守り、お互いに思いやりをもって飼いましょう。
  • 犬は必ず係留し、放し飼いは絶対にやめましょう!

犬の飼育等については条例があります

  • 町には「厚岸町畜犬管理および野犬掃とう条例」、北海道には「動物の愛護および管理に関する条例」が制定されており、動物の健康および安全を保持するとともに、人に及ぼす迷惑、人の命、身体または財産に対する侵害を防止することを目的としています。なお、違反者には罰則が規定されておりますので、ご注意ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
環境林務課 環境衛生係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)