風水害編

事前の心構え

 台風、豪雨、洪水などの気象災害は、地震・津波の災害と異なり、あらかじめ予測することが可能です。このため、直前の準備や備えが災害防止に役立ちます。
【家庭での備え】
・窓は鍵をかけ、シャッターはしっかりと閉め、必要に応じて補強しましょう。
・排水溝のゴミや泥を取り除き、水はけを良くしておきましょう。
・風で飛ばされそうな物は固定したり、建物の中へしまいましょう。
・洪水や浸水に備え、土のうなどで建物に水が入らないようふさぎましょう。
【断水や停電への備え】
・浴槽に水を張っておく。
・飲料水を用意しておく。
・懐中電灯やラジオ、予備の電池を用意しておく。

大雨・台風が近づいたときには

・テレビやラジオで、台風情報や防災上の注意事項をよく聞くようにしましょ う。
・防災行政無線やIP告知情報端末で、町からの災害情報をよく聞くようにしましょう。
・外出や旅行は、できるだけ控えましょう。
・川の付近に住んでいる人は、川の水かさに注意しましょう。
・がけ地付近の人は、大雨が続くと地盤がゆるみ、がけ崩れが発生するおそれがあるので、十分注意しましょう。

局地的な大雨や集中豪雨への注意

 近年、ごく狭い範囲に短時間で強い雨が降る「局地的大雨」や激しい雨が数時間にわたって降り続く「集中豪雨」などによって引き起こされる災害も増えてい ます。こうした雨は狭い地域に限られ突発的に降るため、発生の予測は難しく、突然状況が変わります。屋外では状況が一変することがありますので、注意が必要です。

雨の強さと降り方について

1時間雨量(mm)予報用語人への影響災害発生状況
10以上
20未満
やや強い雨地面からの跳ね返りで足元がぬれるこの程度の雨でも長く続く時は注意が必要。
20以上
30未満
強い雨傘をさしていてもぬれる側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる。
30以上
50未満
激しい雨山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要。
都市では下水管から雨水があふれる。
50以上
80未満
非常に激しい雨傘は全く役に立たなくなる都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある。
マンホールから水が噴出する。
土石流が起こりやすい。
多くの災害が発生する。
80以上猛烈な雨雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

風の強さと吹き方について

風の強さ
(気象用語)
平均風速
(m/s)
人への影響構造物
やや強い風10以上
15未満
風に向かって歩きにくくなる。
傘がさせない
樋(とい)が揺れ始める。
強い風15以上
20未満
風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る。
高所での作業はきわめて危険
屋根瓦・屋根茸材がはがれるものがある。
雨戸やシャッターが揺れる。
非常に強い風20以上
25未満
何かにつかまっていないと立っていられない。
飛来物によって負傷するおそれがある
屋根瓦・屋根茸材が飛散するものがある。
固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒する。
ビニールハウスのフィルムが広範囲に破れる。
25以上
30未満
屋外での行動は極めて危険固定の不十分な金属屋根の茸材がめくれる。
養生の不十分な仮設足場が崩落する。
猛烈な強い風30以上
35未満
35以上
40未満
外装材が広範囲にわたって飛散し、下地材が露出するものがある。
40以上住家で倒壊するものがある。鉄骨構造物で変形するものがある。
このページの情報に関するお問い合わせ先
危機対策室 危機対策係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)