雪害編

暴風雪とは?

 暴風雪とは、雪を伴った強い風が吹くことです。降っている雪だけではなく、積もっている雪も風で巻き上げられるため、視界が真っ白になります。
 また、風で運ばれた雪が建物や車などでさえぎられた場所にたまり、吹きだまりが発生します。

暴風雪が発生しやすいとき

 発達した低気圧の通過や強い冬型の気圧配置のときに暴風雪が発生することが多く、天気図では等圧線の間隔が狭くなっています。
 また、低気圧の移動速度が速い場合や地形が急にひらけた場所などでは、風の強さや見通しが急激に変化するのも特徴です。風は強いが晴れていると思ったら、雪を伴って一瞬で暴風雪に変わることもあるので、天気の急変には十分注意が必要です。

家の中で安全に過ごすために 

・気象情報に注意して、暴風雪が予想されるときは、外出を避けましょう。
・停電に備えて懐中電灯、携帯ラジオの準備をしておきましょう。
・外出できない場合に備えて、食料や飲料水などを確保しておきましょう。
・FF式暖房機の給排気口付近の除雪状況を確認しておきましょう。

やむを得ず、車で外出するときは 

・携帯電話でも道路情報を得ることができますが、電波状況が悪い地域もあるため、携帯電話を過信せず、道路状況に応じた無理のない運転を心掛けまし ょう。
・冬季は天気が急変し、車が立ち往生する可能性もありますので、防寒着、カイロ、長靴、手袋、スコップ、けん引ロープなどを車に用意しましょう。
・車に燃料が十分あることを確認するとともに、非常時に備え、飲料水や非常食を持参するようにしましょう。
・地吹雪などにより、運転していて危険を感じたら、無理をせずに「道の駅」、「ガソリンスタンド」、「コンビニエンスストア」などで天候の回復を待ちましょう。

もしも吹雪で、車が動けなくなったときは

 避難できる場所や救助を求められる人家がない場合は、消防(119番)や警察(110番)に連絡しましょう。
 また、車のマフラーが雪に埋まってしまうと排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがありますので、マフラーが雪に埋まらないように定期的に除雪し、窓を少し開けて換気を行うなどして、車の中で救助に備えてください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
厚岸町役場TEL:0153-52-3131FAX:0153-52-3138