地震・津波編

地震編

家の中の安全対策

 阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしたりしました。大地震が発生したときには、「家具は必ず倒れるもの」と考えて、防災対策を講じておく必要があります。
【防災ワンポイント】
・家具や冷蔵庫などは転倒防止金具でしっかり固定する。
・窓ガラスや食器棚などのガラスには飛散防止フィルムを貼り付ける。
・棚や食器棚などの扉が開かないように扉にストッパーを取り付ける。
・高いところに重たい物や割れやすい物を置かないようにする。
・避難口や寝室の安全を確保する。

自分の身は自分で守る(自助)

 地震はいつどこで発生するか分かりませんが、気象庁の「緊急地震速報」を活用することによって、強い揺れが来ることを直前に情報を得て、身の安全を守る行動をとることができます。緊急地震速報を見聞きしてから強い揺れが来るまで数秒から数十秒のわずかな時間しかありません。すぐに周りの人に地震が来ることを知らせ、あわてずに身の安全を確保するようにしましょう。
【防災ワンポイント】
・テーブルや机の下に隠れ、落下物から身を守る。(寝室にいる場合は、布団や枕で頭を守る。)
・慌てて外に飛び出さない。

激しい揺れがおさまってからの行動 

 揺れがおさまった後は、余震に注意するとともに、津波の危険がある場所にいるときは、すぐに近くの高台などに避難しましょう。
【防災ワンポイント】
・揺れの大きさを判断し、落ち着いて火の始末をする。
・建物が傾いてドアが開かなくなることがあるので、ドアを開けて出口を確保する。
・地震が起きたからといって、必ずしも外が安全とは限りません。外に出るときは、周囲の安全を確認し、外壁や看板などの落下物に注意して頭を守るようにする。

隣近所が助け合って地域の安全を守る(共助)

・大規模災害発生時は、病院や救急車の対応に限界が生じます。負傷者がいれば、地域ぐるみ、職場ぐるみ、みんなで助け合いましょう。
・お年寄りや体の不自由な方がいれば、協力し合って救護に当たりましょう。

正しい情報を聞く 

・混乱時には情報が交錯するおそれがあるため、間違った情報に惑わされないようにしましょう。
・テレビ、ラジオや防災行政無線などから正しい情報をつかみ、的確な行動をとりましょう。

家屋の耐震について

津波編

津波のしくみ

・津波の伝わる速さは海が深いほど速く、沖合ではジェット機に匹敵するほどです。陸地に近づき、水深が浅くなると速度は遅くなりますが、波が高くな ります。
・津波は第1波、第2波、第3波と何度も繰り返し襲ってきます。第1波が最大波とは限らず、第2波以降に大きな津波が来る可能性もあります。
津波のしくみ
津波の速さと水深の関係
(出典:ほっかいどうの防災教育「知識編」)

避難行動について

・津波の発生が予想される場合には、気象庁から津波注意報また津波警報(大津波警報含む。)が発表されます。これらの情報を聞いたら、直ちに安全な場所に避難しましょう。
・外にいる場合は、いち早く海や川から離れ、直ちに高台などの安全な場所を目指して避難しましょう。

遠地津波について

・津波が発生した場所がたとえ遠く離れていても、時間をかけて津波が到達することがあります。地震による揺れを感じなくても津波注意報または津波警報が発表されたら、高台などの安全な場所に避難しましょう。
このページの情報に関するお問い合わせ先
危機対策室 危機対策係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)