入院時食事代の減額

 同じ世帯の世帯主と国民健康保険被保険者(全員)が、住民税非課税の世帯に属する人は、入院のときの食事負担が減額されます。「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要ですので、詳しくは、限度額適用認定証のページをご覧ください。

療養病床以外に入院したとき

区分食事代
現役並み所得者・一般1食につき 460円
指定難病の医療受給者証を持っている人1食につき 260円
住民税非課税世帯
低所得2
過去1年間の入院が90日以内1食につき 210円
過去1年間の入院が90日以上1食につき 160円
低所得11食につき 100円

療養病床に入院したとき

区分食事代
現役並み所得者・一般(食 費)1食につき 460円
(居住費)1日につき 370円
住民税非課税世帯
低所得2
(食 費)1食につき 210円
(居住費)1日につき 370円
低所得1(食 費)1食につき 130円
(居住費)1日につき 370円
老齢福祉年金を受給している人(食 費)1食につき 100円
(居住費)1日につき     0円
※療養病床とは、長期にわたり療養が必要な人が利用できる病床です。詳しくは、各医療機関にお問い合わせください。

申請に必要なもの

 急な入院などにより減額認定証を提示できず、食事負担が減額されなかったときは、差額支給の申請ができます。

・領収書
・世帯主の預金通帳(世帯主以外の口座に振り込む場合は、口座振込依頼書が必要)
・世帯主の印鑑(世帯主本人が手続きに来る場合は、不要)
・窓口に来る人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
・世帯主と対象者それぞれの個人番号(マイナンバー)がわかるもの
・代理人が手続きに来る場合は、委任状または本人の氏名・生年月日・住所等が書かれているもの:保険証など)
このページの情報に関するお問い合わせ先
町民課 保険医療係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)