出産育児一時金

 被保険者が出産したときは、420,000円が支給されます。

ただし、産科医療補償制度未加入の医療機関で出産した場合、在胎週数22週未満で出産した場合は404,000円となります。
 なお、医療機関への直接支払制度を利用したときは、医療機関へ出産育児一時金が支払われます。
医療機関に支払われる額が出産育児一時金の支給額に満たなかった場合は、申請により差額を支給します。

産科医療補償制度の詳しい説明については、 「産科医療補償制度」のページ(日本医療機能評価機構)をご覧ください。
 

申請に必要なもの

  • 出産費用明細書
  • 直接支払制度の合意文書(直接支払制度を利用した場合)
  • 世帯主の預金通帳(世帯主以外の口座に振り込む場合は、口座振込依頼書が必要)
  • 世帯主の印鑑(世帯主本人が手続きに来る場合は、不要)
  • 窓口に来る人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
  • 世帯主と対象者それぞれの個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  • 代理人が手続きに来る場合は、委任状または本人の氏名・生年月日・住所等が書かれているもの:保険証など)
このページの情報に関するお問い合わせ先
町民課 保険医療係TEL:0153-52-3131(代表)FAX:0153-52-3138(代表)